本文へスキップ

輪島ロータリークラブ
WAJIMA ROTARY CLUB
District 2610

    ホルガー・クナーク

2020-21年度会長

(ドイツ、ヘルツォークトゥム・ラウエンブルク・メルン・ロータリークラブ会員)


輪島ロータリークラブのホームページへようこそ。

日本海に囲まれ、朝市と伝統工芸輪島塗、そして、世界農業遺産(千枚田他)、景勝地(曽々木海岸、西保海岸等)・歴史的遺産(総持寺、時国家等)に育まれ誕生した『輪島ロータリークラブ』は、今年で創立57年になります。           

       

2020ー2021年度
 会長挨拶

    輪島ロータリークラブ  57代会長  柴田 薫



一歩踏み出す心を持とう

 

2020-21年度、国際ロータリー会長ホルガー •クナーク氏は、「ロータリーは機会の扉を開く」を RI会長テーマとし、ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、「無限の機会への招待」 であり、私達のあらゆる活動がどこかで誰かのために機会の扉を開いていると力説されています。

2610地区八塚昌俊ガバナーは、「クラブの未来を考えよう」を地区活動方針とし、クラブ戦略計 画の策定を推奨しています。自分たちのクラブの現状を把握し、5年後どのようなクラブになりたい のか、クラブが会員により多くの価値をもたらす方法は何かを考え、未来に向かって行動を起こして いこうと呼びかけています。

ロータリーの目的は、ロータリー活動の輪を拡げ奉仕の機会を増やすこと。職業上の高い倫理基 準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自 の職業を高潔な物にすること。ロータリアンー人一人が、個人として、また事業および社会生活にお いて、日々、奉仕の理念を実践すること。奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通 じて、国際理解、親善、平和を推進することです。

このような目的のためクラブは存在し、寛容と自主性を大事にしています。

ロータリークラブ会長の最も重要な任務は、このようなロータリー精神の啓蒙活動です。

ロータリークラブの人事の法則は、ロータリーの名の通り迪るということで、会員にほ等しく会長 職が廻ってきます。日本にロータリークラブを初めて設立した米山梅吉は、ロータリーは人生を学ぶ ところとして例会を道場と位置づけ、会長職が廻ってきたときには絶好の勉強の機会が与えられたと 考えるべきと言われました。その言葉の通り、ロータリーについて、また地域社会について学ぶこと の意欲を持ち続ける1年にしていきたいと思います。このような機会を与えて頂いたことに感謝し、 「一歩踏出す心を持とう」を輪島ロータリークラブの目標としました。

開かれた扉にわがクラブの未来を見つけ、その未来の姿を実現するため、会員の皆様とともに活動 していくことで会長職を努めて參りたいと思います。1年間宜しくお願い致します。

 
輪島ロータリークラブ行事


輪島高校模擬面接    平成28年9月7日(水)   
   
   
   
あての木園慰問     平成28年9月26日(月)  
   
青少年健全育成・国際交流事業(大本山総持寺祖院)  平成28年10月18日(火)
河井小学校3年生(座禅・掃除・精進料理の準備と後片付け。)
米山奨学生「黃 照津」台湾・女性との交流 
   
   
   
   

例会のご案内topics

輪島RC定例会


日 時:毎週火曜日 12:30~
場 所:高州園ホテル    ℡ 0768-22-8888
変 更:
移 動:

輪島RC例会変更


日 時:2017年18月18日(火)18:00~
場 所:マリンタウン
登録料:\2,000
内 容:納涼例会

最新情報news

2017年07月18日(火)
2017年09月19日(火)
  

例会報告report



輪島ロータリークラブ

〒928-0001
石川県輪島市河井町20-1-1

TEL 0768-22-1788

運営責任 広報雑誌会報委員会